• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【愛知】手術支援ロボを寄贈 パロマ最新式、八事日赤に

2017/03/01

 最新の米国製の手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」が、ガス機器製造パロマ(瑞穂区)から昭和区の名古屋第二赤十字病院(八事日赤)に寄贈され、27日に贈呈式があった。

 「ダ・ヴィンチ」シリーズは内視鏡手術用の医療ロボット。小さな傷口での手術が可能で、術後の回復が早いなどの利点がある。パロマは地域貢献の一環で2013年に八事日赤に1台を寄贈。前立腺がんや腎臓がんの350例の手術に役立ってきた。今後は新型の「Xi」が活躍する。

 Xiは操作時に手術部がよりきれいに見え、手術域も広くなる。連動して患者の体位変換ができる可動式手術台も寄贈され、より安全に手術でき、患者の負担軽減につながるという。

 贈呈式でパロマの小林弘明社長は「さらに体の負担が少ない治療ができると期待している」、八事日赤の石川清院長は「地域の先進医療の充実に貢献したい」などとあいさつ。目録と感謝状を交わした。第一泌尿器科の小林弘明部長による治療の解説とデモンストレーションもあった。

 パロマはXiを名古屋大病院にも贈る。 (小椋由紀子)

寄贈された手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」=昭和区の名古屋第二赤十字病院で
寄贈された手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」=昭和区の名古屋第二赤十字病院で

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.