• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【愛知】身近に相談相手→負担感1割低下 大府・長寿センター介護者を調査

2016/06/19

 高齢者らの介護をする介護者のうち、家族や友人ら身近に相談できる人がいる場合は、介護負担感が指標で1割ほど低いことが、県内の介護者3000人を対象にした国立長寿医療研究センター(大府市)などのグループの調査で分かった。 (室木泰彦)

 ◇ ◇ ◇

 県内で要介護認定を受けた高齢者らを介護する3千149人に調査。日本福祉大(美浜町)が定めた負担感をはかる指標(24点満点)を使い調べた。

 質問は「趣味・学習など自分の自由な時間が持てなくて困る」「世話で精神的にもう精いっぱい」「介護を受けている本人の希望や反応を言葉で確認できなくて困る」など8項目。これに対し「非常にそう思う(3点)」「全くそう思わない(0点)」など4つの選択肢から選び、合計点が高いほど負担感が大きいことを示す。

 分析した結果、身近に相談相手がいると答えた介護者の方が、いない介護者より平均1・6点低かった。全体の平均点は11・7点。相談相手がいる介護者の点数はいない人より13・7%低く、指標に基づく負担感が1割強低いことが判明した。

 行きつけの医師(かかりつけ医)やホームヘルパーなど介護ケア専門職の相談相手の有無と負担感の関係も調べたが、身近な相談相手の有無ほど違いが表れなかった。

 分析した東京大大学院医学系研究科の近藤尚己准教授は「専門家支援が負担感軽減に効果がないという意味ではない。専門家の支援が充実していることが大前提で、その上で身近な人と交流を続け支援を得ることがより大事になる」と指摘する。

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.