• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【愛知】岡崎の医療施設、4月1日開業 重症心身障害者に90床

2016/03/08

 県は4月1日、岡崎市高隆寺町の岡崎中央総合公園内に、心身障害児療育センター「第二青い鳥学園」の新施設「三河青い鳥医療療育センター」をオープンする。これまで対応していなかった重度の身体不自由と知的障害がある「重症心身障害」向けに、入所病棟を新設するほか、診療科目も倍増させ、医療水準を上げる。

 新施設は、鉄筋コンクリート二階建ての延べ9957七平方メートル。総事業費は約54億円。第二青い鳥学園(岡崎市本宿町)の老朽化に伴い、2014年3月から整備を進めてきた。指定管理者は県済生会。

 重い心身障害のある人向けに入所3病棟90床を新設。利用実績に合わせ体が不自由な子ども向けは120床から50床に減らす。

 病院機能を拡充し、整形外科、小児科など五つある診療科にリハビリテーション科や内科など6つを追加して11科体制とする。

 医師や看護師をいきなり大量に確保するのは難しいため、当面は部分オープン。徐々に受け入れ数を増やし、21年までに全床オープンを目指す。

 玄関には県産材を利用し、外来部門の壁には動植物などの絵をあしらい、温かみのある印象にした。

 県によると、重度の心身障害がある人向けの床数は、15年4月時点で、県内には5施設480床。人口1万人当たり0・64と全国で最下位だった。

 県や民間で進めている全体の整備計画が終わる17年度末には8施設694床となり、単純に今の数値で計算すると43位となる。

 27日午後、現地で開所式がある。

 (長田弘己)

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.