• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【愛知】専門学校を学芸大へ 名古屋 医療センター移行協定

2015/12/02

 国立病院機構名古屋医療センター(中区)は1日、専門学校「名古屋看護助産学校」を名古屋学芸大(日進市)の看護学部に移行する協定を学芸大と結んだ。2018年4月の開設を目指す。

 協定書によると、両者は協議会を設置し、新学部の教育内容などを検討。学部と大学院の新設に向けて連携する。看護助産学校は閉校し、土地と校舎を学芸大が年間9000万円で借りる。

 看護助産学校は1947(昭和22)年に開校。看護学科(3年制)は定員80人で、入学試験の倍率は3倍ほどある。しかし近年、高校生の大学志向が強まり、合格者の入学辞退が目立っている。4年制の学部の運営者を公募した結果、学芸大に決まった。

 学校長の直江知樹名古屋医療センター院長=写真(左)=は「長年、培ってきた生命と人間を尊重する伝統を引き継いでほしい」と期待。学芸大の井形昭弘学長=同(右)=は「看護学部が全国のモデルになるよう、全力で努める」と話した。(丸田稔之)

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.