• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【暮らし】増える高齢者の乳がん 患者数ピーク、60代後半

2019/09/05

 84歳の上皇后美智子さまが比較的早期の乳がんと診断された。乳がんは子育て世代や働き盛りの女性に多いが、近年は高齢になってから発症する人も増えている。高齢者の乳がんはエックス線や触診などで見つけやすく、治療も十分可能。専門家は年齢にかかわらず、検診や受診を呼び掛けている。

 高齢者の乳がんは増えている。その年にがんと診断された人のデータを国がまとめた「全国がん登録」の速報では、2016年に約9万5000人が新たに診断され、年齢分布では65~69歳の約1万3000人が最多。75歳以上は2万人を超えた=図。日本乳癌(にゅうがん)学会によると、1年間に診断される患者のうち75歳以上の割合は、10年で11%から16%に増えた。

 国内の乳がん患者は従来、閉経前の40代後半が最も多かったが、10年ほど前から閉経後の60代後半にピークが移ってきた。欧米の患者の傾向と似てきており、愛知県がんセンター副院長・乳腺科部長の岩田広治さん(58)は「高脂肪の食事など、生活習慣の欧米化の影響では」とみる。

 岩田さんによると、乳がんの進行は高齢者だから遅いということはなく、進行が早いタイプの可能性もあり、注意が必要だという。

 治療の考え方も基本は若い人と同じだ。日本乳癌学会の指針では、高齢者でも、手術を最善の治療として勧めている。乳房の全切除ではなく、体への負担の少ない部分切除が中心で、薬物療法だけの治療と比べ、進行や再発を抑えることが実証されている。

 ただし、「手術に耐え得る健康状態であれば」という条件が付く。手術は全身麻酔が基本で、体力がいる。「高齢者は健康状態の個人差が大きく、年齢だけでは判断できない」といい、基礎体力や持病、認知症があるか、家族の支援は得られるかなど、さまざまな情報を基に、本人にとって一番良い治療法を考える必要があるという。

 一方、「もう年だから」と手術を拒否する患者も少なくない。その場合、薬物療法だけを行う選択肢もある。腎機能や肝機能の低下などで使える薬の幅が狭まることもあるが、岩田さんは「治療の選択肢はいろいろある」と話す。

 高齢者の乳がんの大きな特徴は若い人に比べて見つけやすいこと。名古屋医療センター乳腺外科の医師で乳がん検診・診断が専門の森田孝子さん(57)によると乳腺と病変はマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)でともに白く写るため、病変を見分けにくいときも。だが、閉経後、乳腺が徐々に脂肪に置き換わり、脂肪は黒く写るため、病変を見つけやすくなる。自己検診も乳腺の硬さが取れ、しこりに気付きやすいという。

 国は40歳以上の女性に2年に1度、マンモグラフィーによる検診を推奨。自治体は国の指針に沿って上限を設けず検診を実施している。森田さんは「早く見つかれば治りやすいのが乳がん。元気で歩ける人は年齢にかかわらずぜひ受けて」と勧める。

 一方、異常に気付きながら検診や受診に消極的な高齢者も少なくない。岩田さんによると、娘に無理やり連れてこられた患者や、しこりを10年近く放置していた患者もいた。「『がんは死ぬ病気』『治療は怖い』といった過去のイメージが残っているのでは」と推測。放置すれば痛んだり、しこりが皮膚に届いて臭いが出たりして苦痛は増す。

 上皇后さまが手術を受けるとのニュースを知り、愛知県内の乳がん経験者らでつくる「あけぼの愛知」代表の金岡益代さん(63)は、「病気や治療に向き合うというメッセージを日本の女性たちに送ってくれた。勇気をもらい救われる高齢者がたくさんいるはず」と話す。

 (小中寿美)

高齢者に多い脂肪性の乳房。乳腺が萎縮して全体が黒く写りがんが見つけやすい(森田さん提供)
高齢者に多い脂肪性の乳房。乳腺が萎縮して全体が黒く写りがんが見つけやすい(森田さん提供)

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.