中日新聞 CHUNICHI WEB

医療・看護・介護・福祉系の学校を目指す方・高校生の進学情報

無料会員登録

  • トップ
  • 学校情報
  • オープンキャンパス
  • 進学ガイダンス

中日新聞 進学・医療・福祉NEWS

【三重】臨床「正面から向き合う」名張市立看護専門学校で卒業式

2015/03/05

 名張市立看護専門学校で、3年間の学習課程を修めた12人が、家族や在校生ら百人に見守られながら、慣れ親しんだ学びやを巣立った。

 第19期生の卒業式。松井妙実校長が、白衣姿の生徒1人1人に卒業証書を手渡し、「看護師は命、生活に寄り添う仕事。最初の1、2年は特に厳しいと思うが、諦めず成長し続けて」と激励した。

 卒業生代表の谷奥さん(22)は実習での思い出などを語り、「臨床の場は困難も多いと思うが、教わったことを信じ、めげずに正面から向き合っていきたい」と意気込んだ。

 12人は2月下旬に看護師国家試験を受験。3月25日に合否発表がある。合格後、名張市立病院をはじめとする市内外の医療機関で勤務する。 (植木創太)

松井校長(右)から卒業証書を受け取る生徒=名張市立看護専門学校で

松井校長(右)から卒業証書を受け取る生徒=名張市立看護専門学校で

最近の中日新聞進学・医療・福祉NEWSバックナンバー