中日新聞 CHUNICHI WEB

医療・看護・介護・福祉系の学校を目指す方・高校生の進学情報

無料会員登録

  • トップ
  • 学校情報
  • オープンキャンパス
  • 進学ガイダンス

中日新聞 進学・医療・福祉NEWS

【岐阜】人生や地域医療学ぶ 美濃加茂の看護専門校生

2014/09/26

医師が講演

 美濃加茂市川合町のあじさい看護福祉専門学校で24日、福井県おおい町でへき地医療に取り組む中村伸一医師の講演会が開かれ、看護、介護福祉両学科の学生ら160人が、人生や地域医療の在り方について学びを深めた。

 中村医師は、同町の山間部にある名田庄診療所長。唯一の常勤医として高齢化の進む地域の医療を担ってきた。地域医療再生をテーマにした「寄りそ医」、在宅でのみとりをつづった「自宅で大往生」などの著書がある。

 中村医師は「健康」を「たとえ病気や障がいがあっても、生き生きと生きている、または生きようとしている状態」と定義。夫婦や周囲の人との絆に守られ、また患者自身の意思を大切にして、幸福な最期を迎えたお年寄りたちの診療経験を紹介した。

 また東日本大震災の被災者たちの支え合いを例に「日本人の絆は、なくなったのではなく、隠れていただけ。今後の地域医療に生かしていきたい」と結んだ。(酒井健)

自身の診療経験などを紹介する中村医師=美濃加茂市川合町のあじさい看護福祉専門学校で

自身の診療経験などを紹介する中村医師=美濃加茂市川合町のあじさい看護福祉専門学校で

最近の中日新聞進学・医療・福祉NEWSバックナンバー