中日新聞 CHUNICHI WEB

医療・看護・介護・福祉系の学校を目指す方・高校生の進学情報

無料会員登録

  • トップ
  • 学校情報
  • オープンキャンパス
  • 進学ガイダンス

中日新聞 進学・医療・福祉NEWS

【愛知】大府市と河原学園 大学設置向け協定

2014/04/01

 大府市は31日、学校法人河原学園(松山市)との間で、大学設置に関する協定を締結した。河原学園はJR大府駅近くの江端調整池に「日本医療環境大」の新設を計画していて、市はこれに協力する。学園側も開学後に図書館を市民に開放したり、公開講座を開いたりする。

 新設の大学は調整池の上の人工地盤に鉄骨八階建て延べ6500平方メートルの校舎を建てる計画で、4月下旬に着工。5月に文部科学省へ看護学科設置の認可を申請する。開設するのは看護学科と大学院(定員計110人)で2015年5月の開校を目指す。

 大府市役所で協定締結式があり、河原学園の河原成紀(せいき)理事長と久野孝保市長が調印した。河原次瞭(じりう)学園長は「高齢化が進み、社会が看護学部の学生を求めている。国、地域に貢献したい」とあいさつ。久野市長は「(至学館大に続く)市内2つ目の大学は市民の念願。地域と一体となった大学にしてほしい」と述べた。

 河原学園グループの岡崎学園(岡崎市)は岡崎市で人間環境大を運営している。 (有川正俊)

最近の中日新聞進学・医療・福祉NEWSバックナンバー