• HOME
  • 求人を探す
  • 就職イベント
  • 会社説明会情報
  • 転職・就職基本ガイド
  • 就職・転職ニュース

就職・転職ニュース

  • 無料会員登録
  • マイページ

【愛知】5月求人1.97倍 前月比0.02ポイント減 高水準も労働局警戒 

2019/07/05

 愛知労働局が発表した県内の5月の雇用情勢で、有効求人倍率は前月から0・02ポイント減の1・97倍だった。労働局は「引き続き求人倍率は高水準で、改善が進んでいる」との見解だが、新規求人数は3カ月連続で前年同月を下回り「より注意深く見ていく」と警戒を強めている。

 有効求人数、有効求職者数ともに前月から微増したが、求職の増加が求人の伸びを上回り、求人倍率が2カ月ぶりに下がった。新規求人では、自動車関連を中心とする製造業で前年同月比15・8%減となるなど、前年割れした業種が目立った。

 高崎真一局長は「企業から幅広く情報収集したところ、米中の経済戦争で慎重になっている企業も散見された。ただ事情はさまざまで、前年割れが続く原因とまでは言えない」と述べ、今後の推移を注視していく考えを示した。