• HOME
  • 求人を探す
  • 就職イベント
  • 会社説明会情報
  • 転職・就職基本ガイド
  • 就職・転職ニュース

就職・転職ニュース

  • 無料会員登録
  • マイページ

【岐阜】岐阜市 共働き増で対応 3日から急病の子送迎・預かり 利用に事前登録が必要

2019/06/03

 岐阜市は3日から、市内の保育所などで体調が悪くなった子どもを看護師が迎えに行き、病児・病後児保育施設で一時的に預かるサービスを始める。仕事などの都合で迎えが困難な保護者をサポートする。

 柴橋正直市長が重視する「こどもファースト」施策の一環で、共働き世帯の増加を受けた対応。市内の保育所や幼稚園、認定こども園や小学校に通っている満1歳~小学3年生を対象とする。

 保育所などから体調不良の連絡を受けた保護者が福富医院(岐阜市安食)か、小牧内科クリニック(同市昭和町)のいずれかにサービス利用を申請すると、看護師がタクシーで送迎に向かう。両施設は午後六時まで子どもを預かる。料金は施設の利用料2000円のほか、子どもが乗車した区間のタクシー代が必要。保育所までの迎え代は無料となる。送迎の受け付けは両施設とも平日の午前9時~午後3時。

 利用には事前登録が必要で、登録申請書が市ホームページなどから入手できる。市子ども保育課は「どうしても仕事を優先しなければならない場合などに、最後のとりでとして利用してほしい」と呼び掛けている。同課=058(214)2143 (近藤統義)