• トップ
  • 病院検索
  • 就職ガイダンス
  • 見学会・インターンシップ

中日 看護師のたまごナビトップ > 中日新聞 医療NEWS

中日新聞 医療NEWS

【愛知】岡崎のがんセンター 市民病院と経営統合 来年4月、県と市が合意

2018/03/27

 愛知県は26日、県がんセンター愛知病院(岡崎市)の経営を2019年4月から岡崎市民病院に移管することで同市と基本合意したと発表した。31日に岡崎市役所で大村秀章知事と内田康宏市長が合意の覚書を交わす。

 県と市の合意事項によると、経営統合後は市民病院が急性期とがんや結核の治療、愛知病院は亜急性期と回復期の治療や在宅医療支援を主に担うことで役割分担する。

 愛知病院の土地と建物は県が市に10年間、無償で貸与し、市民病院の結核病棟の整備費も県が負担する。愛知病院の医師は原則全員が、看護師など医師以外の職員も希望者は全員が岡崎市に採用される。

 岡崎市北部で近接する両病院の統合により、ともに強みとしているがん診療の充実強化を図る狙いがある。20年春に藤田保健衛生大岡崎医療センターが市中心部のJR岡崎駅近くに開業することもあり、両病院がそろって存続した場合の経営悪化が懸念されていた。

最近の医療NEWSバックナンバー

医療NEWSバックナンバー

中日新聞

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.