• HOME
  • 求人を探す
  • 就職イベント
  • 会社説明会情報
  • 転職・就職基本ガイド
  • 就職・転職ニュース

就職・転職ニュース

  • 無料会員登録
  • マイページ

【社会】残業規制 中小1年延期 厚労省、働き方法案修正公表

2018/02/08

 厚生労働省は7日、今国会に提出する働き方改革関連法案について、施行日を当初よりおおむね一年間遅らせる修正案を公表した。柱となる時間外労働(残業)の上限規制は、大企業は当初の予定通り2019年4月だが、中小企業は1年後の20年4月に適用される。

 厚労省が同日の自民党厚労部会に修正案を示した。昨秋の衆院選の影響で法案の国会提出が遅れたことや中小企業の経営に配慮した変更で、労働界の反発は必至だ。与党の法案審査を経て、2月下旬ごろ国会提出する。

 修正案では、非正規労働者の処遇改善に向けた「同一労働同一賃金」導入も一年遅らせる。施行は大企業と派遣事業者が20年4月、派遣を除く中小企業は21年4月。

 労働組合が求める中小企業の残業代の割増率引き上げも23年4月に延期する。一方で、企業側が要請してきた裁量労働制の拡大や、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」創設は当初の19年四月に据え置いた。

 施行延期に対し、連合の相原康伸事務局長はこれまでに「法案提出の遅れは理由にならない。中小企業で働く者を顧みない判断で極めて遺憾だ」とコメントしている。